Archive for 2月, 2010

修理材料その6

ビブラム148(USA)

DANNERのブーツに純正採用されてる148です

以前働いていたお店でダナーライトのオールソールを受けたときそのお客様に

ダナーの素晴らしさを熱く語っていただき自分もダナーライトⅡを買ったのですが

機能的で足も疲れなく冬も滑らないし丈夫という素晴らしいブーツだと思います。

ミッドソールまで減ってなければオールソールも容易に出来ます!

ダナーは最初から履き心地が良いのはビブラム148が地味に一役買ってると思います

以前違うダナーのオールソール時148が欠品で見た目ほぼ同じビブラムイタリア1220を

お客様了承の上張り替えたのですがイタリア製はゴムが固く屈曲も良くなかったです、、

ダナー以外のワークブーツ、アウトドアシューズなどにもミッドソール加工などして

オールソール対応出来ますので是非お試しください。

ダナーオールソール ¥8.400

ミッドソール追加+オールソール ¥12.600〜

Share on Facebook

修理材料その5

ラスターヒール(革+ゴムヒール)左からV字、三日月、ビブラム、くさびの4種類

浅草の問屋で仕入れたのですが特にビブラムだけは仕入れが異常に高いのだけど何故だ!?

なのでビブラムは通常在庫しない予定ですがリクエストがあれば仕入れる事ができます!

この手のヒールはレザーソールの靴に合わせるとバッチリ決まります。

ただでさえレザーソールの靴を履ける時期が短い北海道なんで張り切ってオシャレしましょう!

Share on Facebook

チャッカブーツ

写真をずっと撮り忘れてるうちにかなり進んでしまった現在製作中のチャッカーブーツ。

この後の作業はコルクを詰めてシャンクという人間でいう背骨的なパーツを入れて

革の本底を貼って手縫いで縫って踵を積み上げ全体を仕上げて終わりです。

この先の作業は靴の修理とあまり変わらないのですが底の縫いは殆どミシン縫いなので

手縫い靴はかなり時間がかかります。ミシンだと1分かかんないのに。。

Share on Facebook