オールデンxリッジウェイソール

こんにちは、今月は祝日が2日もあるので日祝休みの僕としては少し嬉しいです。

その分仕事もバリバリやりますよ!季節柄紳士のオールソールが増えて来ました、特にレザーからラバーが多いです。

せっかく馴染んだ靴を来春まで履けないのは悲しいですもね、今回はオールデンのレザーソールをリッジウェイにオールソールしました。

アメリカの靴にイギリスのソールなんで余り馴染みの無い組み合わせのように思うかも知れませんが、これがもう相性バッチリなんです!

まだまだ履ける状態ですが、滑らないソールにしたいとの事でしたのでお客様と打ち合わせてリッジウェイに決まりました。

ソールを剥がしたところです、コルクの状態も完璧です。シャンク(真ん中の鉄の部分)が浮いてたので1回外して固定します。

オールデンのシャンクはいつ見ても立派!左が国産の一般的な紳士靴用シャンクです、重さも全然違います。

元々あったミッドソールを再接着しました。

リッジウェイソールを貼りました。このあと出し縫いをします。

またいつものいきなり完成写真ですんません。。それにしても良い組み合わせだと思います!

リッジウェイ オールソール 14,700円


現在オールソールの修理が増えておりますので納期が材料等でも変わりますが大体2〜3週間頂いております。

ワークブーツ等はもう少し早くお渡し出来る場合もありますのでお問い合わせください、よろしくお願いします。

Share on Facebook

関連記事:

  1. リップルソールと一筆箋
  2. 7月の予定
  3. 半カラス仕上げデビュー

タグ: , ,

This entry was posted on 月曜日, 9月 13th, 2010 at 08:17 and is filed under gentlemen, repair. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.




Message: