Archive for 2月, 2011

2月最終日

こんにちは、今日は銀行混んでると見越して早めに出たら結構ガラガラでかなり早い時間に店に着いちゃいました。

2月はあんまり忙しい印象がなかったのですが、おかげさまで修理のご依頼をたくさんいただき忙しく過ごす事が出来ました、ありがとうございます!

3月は本格的に衣替えの季節です!ひと冬履いた靴は雪で濡れたりして結構ダメージを受けてますので今年の冬良い状態でまた履けるよう修理やケアのご依頼お待ちしてます!

ジョンロブのコンビシューズにシューケアに中敷き交換、つま先レザー補修とダヴリフトの交換をしました。

さすがジョンロブだけありシューケアで一気に化けました。最良の革はエルメスとジョンロブにまず渡るというのも納得です。ちなみにジョンロブは今エルメスの傘下ですもね。

シューケア 840円

中敷き交換 1,890円

つま先レザー補修 1,680円

ダヴリフト交換 3,675円

ブッテロのレディースブーツに冬の裏貼りしました。雪が溶けて暖かいと思ってたらまた降って冬に逆戻りしましたもね、まだまだ冬底のオーダーも多いです。

婦人冬用ハーフソール 1,890円

婦人冬用リフト 1,260円

サンダルのストラップが千切れてしまったので新たに作成しました。問屋さんに似た革を探しにいったんですが良いのが無くてどうしようかと思ってたら店のストックに似た革があってホッとしました。

違和感なくしあがりました。これでまた長く履いていただけると思います、夏が待ち遠しいですね!

ジョンストン&マーフィーのプレーントゥをダイナイトソールでオールソールしました。

リーガルのライセンスが切れてもう手に入りにくいジョンストン&マーフィーですがオールデンのモディファイドラスト的な踏まずを絞った木型にはファンが多いですよね。

ダイナイトソール 14,700円

メルミンのシングルモンクの靴をビブラム#2870でオールソールしました。この靴のオーナー様は当初リッジウェイソールをご希望されたのですが

リッジウェイソールをはじめ英国製のラバーソールはラウンドトゥを想定して作られているので今回のような細身な作りの靴では縫いしろが取れず使えない事が多々あります。

その点リッジウェイソールに似たビブラム#2870はイタリア製ということもありある程度細身の靴にも対応できますのでご相談下さい。

ビブラム#2870オールソール 12,600円

ネイビーブルーのスエードが鮮やかなチャーチのチャッカブーツにトライアンフ#150ビンテージスチールを取り付けました。チャーチにしてはソールがかなり薄く取り付けの際少し工夫しました。

トライアンフ#150 4,200円

Share on Facebook

入荷情報!!

こんにちは、今日も張り切って更新します!今日は入荷した物が多いのでそれらを中心にご紹介します。

まずは店に新しいアイテムが今日から仲間入りです。何だかわかりますか?

ジャーン!!ビブラムのフロアマットです。格好いいでしょ?クッション性の高いビブラムのゴム製ですので快適ですよ!

イギリス製リッジウェイソールのレッドブラウン入荷しました。この色は廃盤らしくもう作ってないので貴重です。茶色や薄い色の靴にピッタリです。

リッジウェイソール(レッドブラウン) オールソール 15,750円

こちらもイギリス製グッドイヤーソールです。現行のトリッカーズにコマンドソールとして採用されてます。とにかくタフで減りにくいのが特徴です。

グッドイヤーソール(ブラウン)オールソール 15,750円

こちらはイタリア製のバレリーナという可愛らしい名前のレディース用ハーフソールです。厚みが1,5mmと通常のハーフソール(1,8mmが主流)より薄く1mmのハーフソールよりしっかりしているので新品の保護からある程度お履きになった靴にも問題なく貼れます。

今回は黒が欠品していて未入荷ですが黒、茶、ベージュの3色をご用意しています。

バレリーナハーフソール 2,625円

イギリス製のダイナイトラスターです。そう!あのダイナイトソールのダイナイトです!今回従来使っていた三日月ラスターヒールを使い切ったのでダイナイトラスターに切り替えました。

他のラスターヒールよりゴムの傾斜がありスッキリした仕上がりになると思います。もちろんゴムの部分はダイナイトですので減りにくいです。

現在当店で使用しているラスターヒールはV字型とくさび型はイタリア製で三日月型がダイナイトラスターになります。

ダイナイトラスター 3,675円

モゥブレイのミンクオイルがちょうどメーカー欠品していたのでフランス製サフィールのダビンオイルを新しく入荷しました。

写真でわかるようにアザラシのオイルとサーモンオイルを配合した製品になります。サーモンオイルを配合することで高い防水性が得られます。

皮革に栄養分が深く浸透し柔軟性を保ち、ひび割れを防ぎます。ワークブーツや登山靴のお手入れには最高のアイテムだと思います。

サフィールダビンオイルHP 100ml 1,260円

またまた欠品になってご迷惑をかけていたシューキーパーとシューツリーが再々入荷しました。今回は少し多めに仕入れましたのでよろしくおねがいします!

木製シューキーパー(24cm〜28cmフリーサイズ) 1,260円

アロマシダー製シューツリー

■サイズ
S(24.0〜25.0cm)
M(25.5〜26.5cm)
L(27.0〜28.0cm)全て3,570円





修理屋なのに修理の話題がないまま終われないので修理の事も少し。

雪道を歩くとどうしてもこんな感じになってしまうスタックヒールを巻き替えました。

この時期はやはりヒール革の巻き替えが増えます。昨日帰りの地下鉄で偶然会ったドクターシューズの川崎君もやはり今はスタック地獄的な事を言ってました。

今のうちに直しておくと次の冬もすぐ履けますのでどんどんお持ち下さい!!

スタック革巻き替え 4,200円

ビーンブーツの踵が本体ギリギリまで減っていたので修理しました。斜めの板を充ててから防寒ヒールで修理しました。

防寒ヒール 2,625円

chausser と ippei takeiのコラボシューズにショセの靴によく使われるビブラム#2027のハーフソールを貼りました。

レディースの靴は底が薄いのでハーフソールを貼ることで靴が長持ちしますよ!

ビブラム#2027ハーフソール 2,625円

Share on Facebook

2月はあっという間に

こんにちは、あと一週間で2月も終わりなんですね、早!札幌は雪解けが進んで朝夕は溶けた雪が凍って歩道がテカテカで滑って怖いですよね。

修理屋が転んだら笑われるぞ!と師匠である前の職場の社長に言われたので意地でも転ばないよう心掛けてるのですが何回か危ない感じになってます。。

そのせいか先週くらいからまた冬の滑り止めのオーダーが増えてきました。風邪と一緒で油断したときが一番危ないですもね。

ビームスの靴をオリジナルと同じレザーソールでオールソールしました。この靴は何とハンドソーンで作られていました。

通常のグッドイヤー製法では中底にリブという布のテープを巻いて機械で掬い縫いをするのですが、この靴は革の中底に切り込みを入れてハンドステッチで縫いつけてあります。

中底はビスポーク等で使う中底ほど厚くはなく中底の処理の仕方も違うのですがハンドソーンはやはり手間が掛かるので既製靴では貴重だと思います。

今回はオリジナル通りヒドゥンチャネル仕上げ、半カラス仕上げで仕上げました。冬の間はあまりない修理でしたので気合いがはいりました!

レザーオールソール 10.500円

ヒドゥンチャネル仕上 2,100円

半カラス仕上げ 2,100円

革積み上げダヴヒール 3,150円

こちらのショートブーツはクラックレザーという薬品で銀面をひび割れた感じに仕上げた革なんですが履き込むとどうしても鱗状に剥離してこのようになってしまします。

今回はシューケアで対応しました。比べていただけるとわかりますが目立たなくなります。クラックレザーは通常の革より乾燥しやすいのでシューケアをする事によってしなやかになりました。

シューケア(ショートブーツ)1,260円

レザーソールが薄くなっていたので厚みのあるダイナイトロジャーのハーフソールを貼りリフトを交換しました。

減った=オールソールだけではなくこのようにベースを生かした修理方法もあります。予算や用途で色々選択できますのでご相談下さい。

ダイナイトロジャー ハーフソール 3,675円

ダイナイトロジャー リフト 3,675円

天然クレープ底が劣化し硬化し割れて剥がれてしまったので今回は合成クレープでオールソールしました。

ミッドソールをマッケイ縫いしアウトソールを貼り合わせています。合成クレープは温度で変化しにくく劣化もしない利点があります。

今回はおしぶち交換、積み上げヒール交換込みで12,600円になりました。

ジャランスリワヤのウイングチップを冬用の滑り止めとお友達の結婚式に履いていくとの事でシューケアとポリッシュのオーダーをいただきました。

結婚式とのことでやり過ぎず上品に仕上げました。ジャランスリワヤの靴はフランスのデュプイ社製のカーフを使用している事で有名です。

作りもしっかりしていてイギリス靴の5万円台の靴と同等のクオリティーがあるのでコストパフォーマンスの高い靴だと思います。

紳士冬用ハーフソール 2,100円

紳士冬用リフト 2,100円

シューケア+ポリッシュ 1,260円

こちらはいつもお世話になっている鞄工房日下公司さんのチロリアンシューズのリフトを交換しました。

この靴は今は無き東京の吉祥寺にあった小島靴店が作った靴です。とてもしっかりした作りで20年以上経っているとは思えないです。

今でも大切に履かれている方が多いのも納得です。このような靴を修理出来るのはこの仕事に就いて良かったなぁと思える瞬間です。

Share on Facebook