Archive for 10月, 2011

10月9日〜10日はお休みします。

こんにちは、最近天気もイマイチで朝夕は寒くなってきましたね。衣替えのシーズンなので今店の中は夏靴と冬靴が沢山あって頭がゴチャゴチャしてます。

Ânonは日曜祝日が定休日ですので10月9日〜10日は久々の連休になります。秋の味覚を求めて彷徨う予定です。

あと10月26日にまたあの謎の靴磨き集団が札幌駅〜大通間の地下歩行空間に現れるという情報を得たので営業時間に変更があると思います。詳細が決まり次第また報告します。

クロケット&ジョーンズのダブルモンクにビンテージスチールを取り付けました。スエードの毛並みが素晴らしかったです。

クラークスのデザートトレックをオリジナルと同じ天然クレープソールでオールソールしました。

この靴は先月の神宮マーケットでお預かりした靴です。中底が傷んでいましたので補強し手縫いで出し縫いをしてクレープソールを圧着しました。

オリジナルよりボリュームのある仕上がりになっています。

ハッシュパピーのセメント製法の靴をビブラム#2810でオールソールしました。軽く減りにくいうえにグリップ性能も高いソールです。

SHIPSのオリジナルシューズにビブラムVIBRAM CRISTY MORFLEX ソール#2877でオールソールしました。見た目は#4014と変わらないですが色が白くもの凄く軽いです。

MORFLEXはEVAと天然ラバーを混合させたマイクロセルラー合成物で滑りにくくゴムに比べ65%も軽いそうです。

_________________________________________________________

ちょうどビブラムのお話だったので入荷情報も

ビブラム製冬用ハーフソールとヒールが入荷しました。ゴム質も柔らかく粘りもあるのである程度の滑り止めの効果が期待できると思います。

従来の冬用の素材は滑り止めとしての効果は高いですが、合う合わないがありますのでこだわる方にはオススメです。紳士、婦人両方ご用意しています。

こちらはビブラムUSAの#132、ヒール一体型のユニットソールです。ウエスコのブーツに純正パーツとして採用されています。セパレート式のビブラム#100よりお安くなっています。

そして今回の目玉です!とあるルートから緊急入荷しました。これってビブラムUSA#100じゃないの?と一見思われますが一番下の十字を見て下さい!白いですよね。これはビブラム#100ファイヤー&アイスという北海道にピッタリのビブラムソールです。

FIRE&ICEはマイナス20度からプラス250度までゴムが変性しない特殊な配合で作られています。特に低温下の条件や氷上でも高いグリップ性能を発揮するので北海道でオールシーズンフルに使える貴重なソールです。

サイズと数量に限りがあります。次回入荷も未定です。特にヒールのサイズ展開が少ないので靴によっては通常のビブラム#100ヒールになる場合があります。

オールソール料金は通常の#100より高くなりますが、是非ご検討下さい!

_________________________________________________________

今から紹介するのは当店で修理した物では無くお客様が海外でビスポーク(注文靴)したものを見せていただいたのでご紹介します。

僕もいつかは靴作りを教えていただいたcagraさんで注文してみたいです。いつになるやら・・

GAZIANO & GIRLINGのビスポーク靴です。アッパーに使われているのはあのロシアンカーフ!!

今から200年以上前に帝政ロシアで作られていたトナカイの革です。1786年に沈んだ船に積んであり1973年引き上げられた際発見されました。

現在当時の製法が消失してしまって同じ革が作れないという、とても歴史のロマンを感じる貴重な革です。

貴重な靴を見せていただいたS様ありがとうございます!

先ほどのS様同様に開店当初からお世話になっているI様にオーストリアでビスポークされた靴を見せていただきました。

MATERNAで作られたフルブローグです。つま先の真鍮のプレートも格好いいです。いつかÂnonでも扱いたい!ブローグも迫力があり惚れ惚れします。

MAFTEIでつくられたシームレスのホールカットです。高い技術を感じました。特にアッパーとライニングの間に固い芯材を使い内踏まずを支える仕様は見たことが無かったので感動しました。

S様、I様ありがとうございました。

 

 

 


Share on Facebook