Archive for 3月, 2012

春COME ON!!

こんにちは。せっかく雪も溶けてこのまま春へと思ったら雪降ったりなかなか春っぽくならないですね〜

今時期来る靴は冬物と春夏物が半々くらいなので季節の変わり目なんだなぁと実感出来ます。それにしても春が待ち遠しい!

 

そう!春といえば4月28日、4月29日に森彦4号店Plantationさんで行われる週末マーケットの詳細がわかりましたのでお知らせします。

_________________________________________________________

Plantation 週末マーケット Marche de GRENIER Vol.1

靴のお手入れワークショップ(初級編)

4/29(日) 11時 14時(約2時間 各定員6名様)
1Fエントランススペースにて
おひとり様2000円(コーヒーまたはその他の飲み物とおやつ付き)

お手入れしたい靴(黒または茶系が望ましいですが、他の色がご希望の場合お知らせください)

ケア用品はこちらで準備しますので靴だけ持ってきてください。
〈ご予約・お問合せ〉
Anon/011-644-8030 (11時~20時 日祝定休) shoerepairanon@gmail.com

今回の申し込みはウチでお受けいたしますので電話かメールでご予約をお待ちしています!!

ワークショップの他にシューケア用品の販売もします。その他素敵なお店が沢山出店しますので是非足をお運びください!

※Anonの出店は29日のみになっています。

 

前回に引き続きウエスタンブーツです。最近何故か増えてきました、札幌ではウエスタンの修理をしているお店が少ないからかも知れませんね。

今回のトニーラマはオリジナルのレザーソールからビブラム#269ソールに#438ヒールの鉄板仕様です。

トリッカーズのカントリーブーツをリッジウェイソールでオールソールしました。ダイナイトよりゴツくコマンドまでゴツくないトリッカーズにピッタリ合いますね!

レッドウイングのラインマンにビブラム#100ファイヤー&アイスでオールソールしました。ミッドソールはレザーに交換しています。

WAREHOUSEのブーツも同じくビブラム#100ファイヤー&アイスでオールソールしました。レザーミッドソールに交換しています。

アイリッシュセッターをオリジナルのソールからビブラム#4014でオールソールしました。

TO&COのギリーシューズにフィリップスハーフソールを貼りました。

同じくTO&COのTストラップにはビブラムSIMONソールのベージュを貼りました。

イタリア製バレリーナハーフソールの赤です。薄く丈夫なハーフソールですのでパンプスやバレーシューズのような底の薄い靴に貼っても厚くあらず目立ちません。

 

 

Share on Facebook

イベント情報などなど

こんにちは。前回お伝えした4月1日に森彦DxMさんで行われる靴のお手入れワークショップですがおかげさまで早々に定員になりましたので午後の部を新設しました14:00〜スタートになりますのでよろしくお願いします。


※おかげさまで定員になりましたので1日の申し込みは終了いたしました。ありがとうございます。

4月29日のワークショップは近日中に募集しますのでよろしくお願いいたします。


そして4月29日(日曜日)に菊水の森彦Plantationさんにて「”Marche de GRENIER” 春をめでる とくべつな週末」に参加します。

 

こちらではシューケアグッズの販売と靴のお手入れワークショップをする予定です。こちらのワークショップの受付は当店で行いますので詳細が決まり次第また報告いたします。

ブログに登場するのは久々なウエスタンブーツですがオーダーは定期的にあり隠れた人気があります。

今回は小清水町からオーダーいただきました。ソールはビブラムUSA#269、ヒールはカウボーイブーツ用のビブラム#438です。鉄板の組み合わせでかっこいいですね!

レッドウイングのアイリッシュセッターをオリジナルのソールからWレザーミッドソール、ビブラム#430でオールソールしました。ボリュームがハンパないですね!

レッドウイングのペコスブーツをシングルレザーミッドソール、ビブラム#700アンバーでオールソールしました。アンバー良い色です!

パラブーツのモジーンをカウンターライニング修理とオリジナルのソールからビブラム#100ファイヤー&アイスでオールソールしました。

元々ラグソールの多いチロリアンシューズなので全く違和感無いですね!僕も自分のミカエルが減ったらこの仕様にする予定です。

VASSのUチップにつま先ラバー補強&ラスターヒールを交換しました。

レディースブーツにビブラムドクロソールを貼りました。グリップ力もあり丈夫なラバーです。

オールデンのモディファイドラスト風なfoot the coacherクォーターブローグにビブラムシートハーフソールとリフトを貼りました。新品の保護に最適です。

見事なスピュー(塩分が浮き出た状態)です!皆さんも一度は経験あるのではないでしょうか?

これは革の内部の塩分が水に濡れて乾く事によって革の表面に浮き出た状態です。ここまでくると自分では難しいのでお任せください!

*北海道では融雪剤が原因でスピューが発生する事もあります。そのまま放置しますと革が固く柔軟性を失った状態になるのでひび割れの原因になります。

水洗いしてケアする事でこんな感じに仕上がります。原因である塩分を除去する事で再発もしにくくなりますよ!

 

Share on Facebook

いつの間にか3月!

こんにちは、気付けば3月です。寒かったり暖かい日があったり少しずつ春に向かっている感じはしますよね。今日は雨も降ったし。

そういえば去年靴のお手入れワークショップでお世話になったDxMさんで4月1日の日曜日に2回目のワークショップを開催する事になりました!!

今回も初級編ですので靴のお手入れに興味はあるけど何をどう使ったら?みたいな方にはピッタリの内容になっています。

参加の申し込みはDxMさんになりますのでよろしくお願いします。あと4月中にはもう1つイベントがありますので詳細決まり次第報告しますね〜お楽しみに!

エドワードグリーン202ラストのカドガンをドイツキルガー社のババリアオークバーグでオールソールしました。

オプションはヒドゥンチャネル、トゥスチール、純正と同じイギリス製ダヴヒールと豪華!?な仕様になっています。

オリジナルのトラクションソールからのカスタムです。ビブラム#705ハーフソール、#430ヒール、レザーミッドソール、イタリア製ベンズにボブステッチという内容てんこ盛りのオールソールです。

こちらは遠く兵庫県からオーダーいただきましたショセにラバーっぽくないハーフソールを貼りました。ステファン貼りです。

オリジナルと同じブラウンのクレープソールでオールソールしました。マッケイ製法です。

koosもオリジナルと同じクレープソールでオールソールしました。ミッドソールまでマッケイ縫いしてからアウトソールを圧着しています。

koosはヒールもすぐ減ってしまいますので早め早めの修理で長く履けますよ。

こちらは釧路からオーダーいただいたウルバリンの1000マイルブーツにトライアンフ#150とビブラムSIMONソールを貼りました。

新品の保護としてはほぼ無敵のスペックです!

着工から一年ほどたって完成した自分のトリッカーズです。自分の靴は基本実験やテストに使うので今回はアウトソールを何にしようか迷っていました。

今回選んだのはイギリス製ラバーソールで一番地味な?ビクトリーソールを使ってみました。ビクトリーヒールは使い勝手が良いので定番化していますが、ソールは今回初めてです。

リッジウェイより控えめな見た目でゴム質は同じ会社のグッドイヤーソール(現行コマンド)と似ています。履いた感想はこれはこれでなかなか良いなぁと思いました。

定番化するかどうかはまだわかりませんがオーダーいただければ取り寄せでオールソールできますのでよろしくお願いします。

仕様 2mm&3mmのWレザーミッドソール、ビクトリーソール

パラブーツのヒールをビクトリーヒールで交換しました。どんな靴にも合う良いヒールです。

_________________________________________________________

最近手に入れたおそらく60年くらい前にアメリカで作られた子供靴です。かわいいでしょ?

ほとんど未使用だと思われコンディションはとても良いです。そして何より凄いのは手縫い靴なんですよ!

底はレザーだしかなり手が込んでいます。店にあった子供用の木型を入れてみました。お店に飾っていますので見に来てくださいね!

Share on Facebook