靴底保護しましょう!

こんにちは。気付けば7月も折り返しなんですね。早っ!

先週の裏参道祭りには沢山の人がÂnonに来てくれてとても楽しかったです。靴磨きも盛況でした。僕は早々にビールを飲みだしてお祭り気分を満喫しました。

今回は靴底の保護特集です。普段僕らが歩くアスファルトは靴底にはとても過酷な環境になります。

グッドイヤー製法の靴ならそのまま履いて底が減ってしまってからオールソールする事もアリです。

また減りやすいつま先を保護したりハーフソールを貼ることももちろんアリです。

底が薄いレディースシューズやマッケイ製法の靴は新品のうちにハーフソールで保護する事で靴は長持ちします。

大切な靴を長く履くために靴底保護のオーダーお待ちしています!

 

image

裏参道祭り今年もÂnonの前では名物?ひょっとこ踊りが繰り広げられました!僕もいつか踊ってみたいかも。

 

image

蝶蝶みたいでかわいいルブタンにバレリーナハーフソール(RED)を貼りました。赤い底のルブタンには赤いハーフソールですね!

赤いハーフソールは数種類ご用意していますのでお好きな物をお選び下さい。

 

image

こちらのスタッズがカッコいいルブタンにもバレリーナハーフソール(RED)を貼りました。

 

image

スタッズが凄いインパクトのプラダにはビブラム#7373(RED)を貼りました。ヒールはオリジナルと同じ切り返しでRED&BLACKを貼りました。

 

image

こちらのブラダもビブラム#7373(RED)ハーフソール、ヒールはビブラム#7373(RED&BLACK)

 

image

ランバンのフラットシューズは底全面にビブラム#7373モカを貼り底を保護します。

 

image

レディースローファーをレザーウエルト、MDソール、TOPYヒールでオールソールしました。マッケイ製法です。

 

image

ジャランスリウァヤのダブルモンクにつま先はLuLuトゥスチール、ハーフソールは半カラスのラインに合わせてビブラム#7673ベージュのハーフソールを貼りました。

新品保護としては最強スペックです。

image

マグナーニのモンクストラップシューズにもつま先保護にLuLuトゥスチール、ハーフソールはビブラム#7673ブラックを貼りました。

 

image

Cordwainerのシングルモンクのつま先保護にLuLuトゥスチールを取り付けました。

 

image

ジョンロブのCITY2のつま先にコンチネンタル社製のラバーで保護しました。

 

image

チーニーにもコンチネンタル社製のラバーで保護しました。

 

image

チャーチのシャノンのつま先の減りをレザーで補修しました。丈夫なイタリーベンズを使用しています。

 

image

トゥモローランド別注モディファイドラストVチップのオールデンにトライアンフジェリーフィッシュを取り付けました。

image

マグナーニにビブラム#7373パープルを貼りました。アッパーの色にも合ってカッコいいです!

 

image

イギリス製ミリタリーブーツといえばサンダースを思い出しますがこちらは珍しい70年代のT&H BROS製ブーツをイタリーベンズ&フィリップスヒールでオールソールしました。

T&H BROSはよくグッドイヤー製法だと言われていますが実は違います。どちらも何度もオールソール出来ますが同じイギリス製ワークブーツWILLIAM LENNON & COと同じクラシックな製法で作られています。


image

レッドウイングのアイリッシュセッターをビブラム#4014でオールソールしました。ミッドソールもビブラム#7500に交換しています。

 

image

恐らく今後入手が困難なるパラブーツのミカエルフォックをビブラム#100ファイヤー&アイスでオールソールしました。

パラブーツのオリジナルソールも冬に強いですが#100ファイヤー&アイスにする事で完全雪国仕様になりました。

以前パラブーツの方に聞いたのですがアザラシのファーを入手する手続きがかなり大変になったそうでフランス本国のパラブーツが消極的になっているからだそうです。

もし見つけたら迷わずGETですね!

image

ダナーのブーツをオリジナルのガムライトソールからダナーによく使われるビブラム#148でオールソールしました。

image

マッケイ製法のUチップシューズをビブラム#2870でオールソールしました。#2870はリッジウェイに比べ縫い代が多いのでマッケイ製法の靴のオールソールに使える事もあります。

Share on Facebook

関連記事はありません

This entry was posted on 木曜日, 7月 18th, 2013 at 00:03 and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.




Message: