Archive for the '未分類' Category

冬って寒い!

こんにちは、さすがに店も寒くなってきてストーブ2台と古い灯油式のエアコン(午前中だけ)とフル稼働で暖房しています。

夕方くらいになると店内も暖まってくるのでストーブ1台で大丈夫ですが朝の寒さが尋常じゃないです。12月でこんな事言っていたら2月とかどうなるんだろう。。

去年の冬もこんな感じだったのか、、覚えてない・・

4日はARCHさんで行われたパラブーツトランクショーにシューポリッシャーとして靴を磨いたりお手入れのアドバイスをしに参加してきました。

札幌でレディース含めこんなにたくさんのパラブーツを見る機会もないので早々に興奮状態です。しかし今回は仕事で来てるのだから買わないぞ!と強い決意で行ったのですが、

長時間の誘惑に勝てる訳もなく・・

アザラシのファーでお馴染みのミカエルフォックを買ってしまいました。。さ、仕事頑張ろう!

クラークスのネイチャー系のウレタンソールが劣化して横からパッカリ開いていたのでビブラムガムライトソール#2668を使いオールソールしました。

ネイチャー系のクラークスはインソールが独特な作りで履き心地にも大きく左右します。今回はインソールをそのまま使えるようレザーミッドソールを加工しています。

そしてステッチダウン製法ですので元の穴を完全に追うため手縫いにしました。劣化する部材は使用していませんので長く履いていただけると思います。

UGGの冬底貼り替えが増えてます。耐久性重視ならビブラムのドクロソールです。見た目は個性的ですがビブラム製のゴムはやわらかく耐久性があります。

グリップ力重視なら国産の冬底がオススメです。今回は六角のソールですが、セラミック配合のMO等数種類からお選びいただけます。耐久性はドクロソールに劣りますがグリップ力は高いです。

帯広からオーダーいただきましたサルトルとチエミハラに冬用のソールとシューケアをしました。赤色の冬用ソールもあるんですよ!

こちらのサルトルにもセラミック配合の冬用ソールMOを貼りました・

それぞれビブラムUSA#100ファイヤー&アイスでオールソールしました。現在もかなりのオーダーをいただいてます。再入荷が未定のソールですので検討中の方はお早めに!

こちらはビブラム#4014でオールソールしました。問屋さんからまた毎年恒例の#4014不足情報が入ってきました。今のところ店に在庫は豊富にありますが、もう少し確保しておこうかな。

ダナーのブーツにオリジナルと同じ合成クレープ底を使いオールソールしました。

旭川からお持ちいただいたイギリス製のブーツにブラウンのリッジウェイソール、レザーミッドソールでオールソールしました。これから発送準備いたします。もう少々お待ち下さい!

Share on Facebook

12月になりました!

こんにちは、札幌も遅い冬がやってきましたね。昨日から今朝にかけては道路もツルツルでした、靴も冬底にしていないと危ないですよ!

それにしてもあと30日で激動の2011年も終わるんですね、、来年はどうかいい年であって欲しいです。

12月3〜5日はARCHさんでパラブーツのトランクショーがありますよ。4日の日曜日はお昼頃から僕も靴のお手入れや修理の相談で行きますので是非来て下さいね!

パラブーツに限らず修理や磨いて欲しい靴の持ち込みもお待ちしていますよ。

レッドウイング100周年記念モデルです。2005年に各モデル2005足発売された貴重なブーツです。そして何より状態が素晴らしい!

アイリッシュセッターのレザーソールは珍しいですよね?誰かやってみませんか!是非オーダーお待ちしています!

今回はWレザーミッドソールにビブラムUSA#430でオールソールしました。#430や#700ソールだと履き心地などの面であまり積極的にオススメはしていませんが、Wレザーミッドソール仕様にできます!

オールデンのパンチドキャップトゥを水に強く足馴染みの良いオイルドレザーソールでオールソールしました。ヒールはTOPYのブロケットヒールで仕上げています。

今回はビンテージスチールを予めオーダーいただいていましたので出し縫いの前にスチールをはめ込む加工をしていますので縫い糸が切れることなくオールソール出来ます。

黒のセッターには当店で今一番人気のあるビブラム#100ファイヤー&アイス、レザーミッドソールでオールソールしました。路面も凍る時期なので活躍してくれそうです。

リーガルのプレーントゥをビブラム#2810ガムライトソールでオールソールしました。#2810軽く減りにくく滑りにくいと良いことだらけです。

グッドイヤー製法をはじめマッケイ、セメントとどんな靴にも使える万能ソールです。最近ではトリッカーズにも採用されてますね。

ダナーのシューズをオリジナルのビブラム#4014を生かしてビブラム#148にオールソールしました。コスト的にはミッドソールを新たに作るよりお安くできます。

パラブーツとスコッチグレインのヒール交換に抜群の耐久性とグリップ力のあるフランス製TOPYグラニットヒールを使いました。

同じフランス製なのでパラブーツに合うのはもちろんスコッチグレインにもピッタリですね。

26日は神戸ブランメル倶楽部札幌分会「Sapporo Shoe Shine Salon」参加の為店を4時半に閉め札幌グランドホテルに向かいました。

50年前のイタリア軍の靴修理キットが入っていたこの袋を今回も助手をしてくれた川崎君と2人でサンタさんのように担ぎ、通りすがりの美しい花嫁の幸せを祈りながら横をすり抜け会場へ・・

今回の目玉!東京からビスポークシューシャイナー松室さんが来ています!

レッドウイングもピカピカに!

パラブーツも短時間でピカピカに!松室さんの磨きのテクニックは大変勉強になりました!

松室さんの写真撮ってるだけじゃなく僕も札幌グランドホテル史上初?の靴の解体しましたよ。ジョンロブ、オールデン、アレンエドモンズをバラしてきました。

英国靴と米国靴の違い、米国靴のオールデンとアレンエドモンズの違い等を解説しながらの作業です。

アレンエドモンズのレザーソールのヒール部分に修理する人以外は誰も見ないのに葉っぱの焼き印が!素敵です。。

人前かつホテルという異空間での解体ショーは面白かったです。なかなか出来ない経験が出来ました。呼んでいただいた主催のS様ありがとうございました。

モゥブレイから有機溶剤を一切使用しない天然成分(蜜蝋、シダーオイル、パームオイル等)のみで作られた靴クリームM.モゥブレイプレステージ「ナチュラーレ」が出ました!

今までの靴クリームとは違うカスタードクリームのような質感にほのかな良い香りです。恐らくコロニルのディアマントを意識して作ったであろうナチュラーレはとても使い勝手が良くケアが更に楽しくなりそうです。

スムースレザー全般、コードバン、ブライドルレザー、オイルドレザー、アニリン染め、オーストリッチ等起毛革以外ほぼ全てに使えます。

全6色 80ml 2,100円 ※ニュートラルは革製品全般にお使いいただけます。

Share on Facebook

イベント情報、営業時間のお知らせとベックマンのカスタムと・・

こんにちは、円山は雪がいつの間にか無くなった!でも雪がいつ降ってもいいように冬靴の準備はお早めに!

今週の土曜日11月26日(土)に神戸ブランメル倶楽部札幌分会「Sapporo Shoe Shine Salon」に参加しますので営業時間が変更になります。

11月26日(土) オープン11:00〜クローズ16:30

11月27日(日) オープン13:30〜クローズ19:00

※27日は日曜日も営業いたします。

札幌グランドホテルで靴を解体する経験はかなり貴重なので今から楽しみにしています。

_________________________________________________________

その翌週にはARCHさんで3回目になるパラブーツのトランクショーがあります!

[paraboot TRUNK SHOW in ARCH]12/3(土)・4(日)・5(月)

4日の日曜日に僕もARCHさんにおじゃましてケアや靴を磨いたり修理の相談を受けたりしますので是非お越し下さい!

_________________________________________________________

レッドウイングのベックマンをカスタムしたのでご紹介します。

このベックマンのオーナーはたびたびÂnonでお手伝いしてくれる元ドクターシューズで靴修理をしていた川崎君です。

川崎君とはcagraの靴教室で一緒でした。当時彼は大学生、僕は靴修理の会社で働いていた3年前、彼が教室終わりにジェロニモさんにこのベックマンを買いに行くのについて行った事を思い出します。

今回は冬もガンガン履ける、ダメな所は全部交換というコンセプトでカスタムしました。

ソールは北海道にピッタリなビブラム#100ファイヤー&アイスにレザーミッドソール&ヒール仕様です。

ベックマンのウエルト下のミッドソールはホント残念なことに紙製!なのでそれは即交換しました。使ったミッドソールは通常のショルダーやバッファローでは無くアウトソールにも使えるベンズを使いました。

本来ベンズは返りが悪くミッドソールには向かないのですが、アウトソールの#100F&Iが柔らかいのと、ベンズ自体によくクロケット&ジョーンズのダブルソールで使われる方法を使い返りを良くしてあります。

ウエルトの継ぎ目からのヒール周り(ハチマキ)の部分はプラスチック樹脂製だったのでこれもレザーで作り直して使いました。

ここまでハイスペックにオールソールするとかなり金額も高くなりますが、もう完全に一生モノです!

今回は川崎君もかなりの作業をしたので愛着もさらに湧いたでしょう。

ビブラムマットの上でパチリ!黒に黒で微妙・・

UGGにビブラムドクロソールを貼りました。元々そうだったような相性の良さですね!

ドクロソールはビブラム製だけあり耐久性もグリップ性も高いです。UGGのオリジナルのソールでは北海道の冬は難しいので是非オススメします!

トリッカーズにビブラムの冬用ソール&ヒールをつけました。耐久性があります。

バリーの靴が剥がれたのでマッケイで縫ってコンチネンタルプリマスヒールでヒールを交換しました。

バリーは独自の油性接着剤を使い靴底を縫わないセメント製法の靴を作りますが、だったら簡単に剥がれないように作るべきだといつも思います。

再接着後マッケイで縫ってヒールを釘で固定する方が比較にならないほど丈夫になります!バリーの剥がれでお困りでしたら是非一度ご相談下さい。

Share on Facebook