Archive for the 'gentlemen' Category

年末年始の営業日

こんにちは。今日は寒いですね!店もアラジンとエアコンフル稼働ですが全然暖まらない。。皆様も風邪が流行ってますのでお気を付けください。

今月は定休日の日曜日も23日の祝日も営業します!開店時間は2時くらいからになりますがよろしくお願いします。
年末年始のお休みですが、年内は30日まで営業します。年明け5日より通常営業いたしますのでよろしくお願いします。

外はツルツルですので冬底の準備をお忘れないようにしてください!できれば Ânonにお持ち下さいね!

レザーからレザーへのオールソールです。今回は革を積み上げてビブラム#5350で仕上げてます。

レザーオールソール 10,500円

革積み上げヒール 2,100円


tracey neuls の素敵な靴を冬底にしました。とても華奢な底なので冬用ソールを貼るとゴツゴツしがちですが、なるべく滑りにくく横から貼ったのが目立たないようにというオーダーです。

滑りにくいソールとのオーダーでしたのでセラミック配合のMOをチョイス。MOはゴツいので貼り方を少し工夫して目立たないよう仕上げました。

婦人冬用ハーフソール 1,890円


踵の内側の革も破れていたので補修してあります。

リッジウェイソール 14,700円

カウンターライニング 2,100円(片方)x 2


今回は低価格ですむ減ったところに斜めのゴム板を充ててからのリフト交換ですので

継ぎ目が多少目立ちますが、なるべく目立たないよう仕上げています。

今回は1,575円です。


あまり見かけないビブラム#2040を試しに取り寄せてみました。トリッカーズ等に付いているコマンドソールにそっくりなパターンですが

#1100のテイストも感じさせる良い材料だと思いました。気になる方はお問い合わせください。

欠品になっていたフランス製サフィールのレノヴェイタークリームとレノマットリムーバー入荷しました。

写真右のレノヴェイタークリームは今年の夏にフランスの靴職人兼修理職人ステファンが良いよと教えてくれたので取り扱い始めた商品なんですが、

これホント良いです。カーフ等高級な革の日常するお手入れはこれだけでも良いかもしれません。無色のクリームなので補色は出来ませんが素晴らしい自然なツヤが出ます。

写真左のレノマットリムーバーは強力な靴用汚れ落としです。知らないあいだについた汚れから靴に付いた古いワックス等サッパリと落とすことが出来ます。

通常の汚れ落としはモゥブレイのステインリムーバー、強力な汚れ落としはサフィールのレノマットリムーバー、鞄やデリケートな素材の汚れ落としは同じくサフィールのユニバーサルレザーローション等各種ございますのでご相談ください。

レノヴェイタークリーム 1,050円

レノマットリムーバー 1,575円


cagraの靴がズラリと並ぶ素敵な靴棚、なんと作ってもらったそうです。いいなぁ。。

今回の為に作ったマッケイ製法の靴達。どれも素敵でした!

ハーフソールやトップリフトを圧着する作業は Ânonで、cagraさんのお手伝いを少しだけしました。

Share on Facebook

日曜日はたゆたうから仕事へ

こんにちは。今週の日曜日は前に紹介した休日 たゆたうに行ってこようとおもってます。
行ったこと無い場所なので今から楽しみです。そのあとは多分店に来ますので普段都合の合わない方などのご来店お待ちしております。

レザーからレザーへのオールソールです。ヒドゥンチャネル仕様で仕上げてあります。

レザーオールソール10,500円

革積み上げヒール +2,100円

ヒドゥンチャネル +2,100円

ダナーのアケーディアをオリジナルと同じビブラム#148でオールソールしました。

ミッドソールまで減っているので補修してからのオールソールになります。


完成しました。格好いい!!

ヒールの減った部分の補修跡もほとんど目立ちません。

ビブラム#148 8,400円

ミッドヒール補修 2,100円


靴の材料の事で日下公司さんに紹介していただいた札幌出身の靴職人矢藤さんに初めて直接連絡する日に偶然にもÂnonにやって来た矢藤さんの靴!

色んな事が絡み合って起きたちょっとしたミラクルだと思いました。素晴らしい!

※追記
一番上で紹介したレザーオールソールのお客様は何と矢藤さんの高校の同級生だそうです。世の中狭いですね。さらにミラクルが発生しました!



今回はシューケアと冬でもガシガシ歩きたいとの希望でしたので冬底にしてあります。

婦人冬用ハーフソール 1,890円

婦人冬用リフト 1,260円

シューケア 840円


R.Uの靴にハーフソールを貼りコンビラスターを交換しました。

ブラウンハーフソール 1,890円

婦人コンビラスター 2,625円


ショセにはフィリップスのハーフソールを貼りました。

フィリップスハーフソール 2,625円


最新号のてとてとに全く知らないうちに撮られていた写真込みで Ânon が載ってます!


アメリカンビンテージのシューズに付いてるようなレトロな見た目の20mmヒールが入荷しました。

見た目も格好良くOIL RESISTANT仕様ですのでワークブーツからリーガルのようなブロックヒールの靴まで幅広く合わせる事が出来ます。

OIL RESISTANT 20mmヒール 2,625円


こちらもどことなくレトロな感じがするこのリフトはビーンブーツとかソレルの防寒ブーツに使えないかな?と思い仕入れてみました。名前はまんま「防寒ヒール」北海道にピッタリですね。

防寒ヒール 2,625円


こちらはセラミック入りゴムのMOにスパイクが取り付けてある冬用リフトです。評価の高いMOに更にスパイクなので雪道や凍った路面に効果を発揮してくれます。

MOスパイクヒール 小 1,575円 中 2,100円 大 3,150円

※サイズが合わない場合は取り付けることが出来ません。お問い合わせください。

子供靴にも冬の裏貼りがふえてきました。前の職場は子供用の金台がなく圧着するのが大変でしたが今はあるので接着効果も高く楽に仕事が出来ます。

子供靴冬用裏貼り:サイズによって変わりますが 1,575円〜2,100円といった感じです。

Share on Facebook

リウエルト オールソール

昨日はお休みだったので Ânonの内装を手がけてくれた小樽のuguisさんにおじゃましてきました。

突然uguisさんのハンバーガー(美味しすぎる!)が食べたくなったのとお店に新しく設置したい物の相談も兼ねて

ハンバーガーに見えないかも知れませんがハンバーガーです。挟んである場合もあるんですが、食べるのが大変なので今回は別々でした。

なんだかんだとお話してるうちに閉店時間も大幅に過ぎて申し訳なかったのですが、また色々アイデアが膨らんで楽しみが増えました!


9月の大物のひとつ!ウエルト交換からのオールソールです。

底を剥がすとブナ材のシャンクが両方ともバッキバキに折れてました。。

コルクを取ると中底(ボンテックス)にも穴が開いてました。

最初見たときから分かってたのですがウエルトが外れてました、出し縫いと掬い縫いが同じ場所で縫われるとこのようになることがあります。

ということで掬い縫い開始!

リブも補強して元の穴を追ってウエルトをサクサク縫っていきます。中底が薄い紙なので鉄のシャンクをチョイスしました。

片方終わりました。中底の穴には裏から同じボンテックスで、足に面する所には薄い革を貼って補強していきます。

コルクを詰めて革のアウトソールを貼ったところです。

ヒドゥンチャネルで出し縫いをしました、シャンクの上に革のパーツを作成しウエスト部分を漉いて立体感を出しました。

またいつものいきなり完成写真です。。どうも一気に作業を進めると撮り忘れちゃいます。

このようにグッドイヤーウエルト製法の靴はアッパーが生きている限りはどうにか修理は出来ます。今回はバッチリ生まれ変わりました!!

費用も通常のオールソールよりだいぶ高くつきますが、捨ててしまう前に一度お見せいただければ修理費用の見積もりも出来ますのでよろしくお願いします。

オールソール(レザー)10,500円〜

リウエルト シングル 10.500円〜 ダブル 12,600円〜

ヒドゥンチャネル仕上げ 2,100円

半カラス仕上げ 2,100円

Share on Facebook