レッドウイングと冬用ソール

こんにちは。今年は去年より早めに冬用の滑り止めのお客様が増えてきました。それに加えオールソールや夏靴の修理と今店には靴がたっぷりあります。ありがとうございます!

1人でやっている店なので納期でお客様にご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが1足1足心を込めて作業していますのでご理解いただけると嬉しいです。

レッドウイングのアイリッシュセッターをレザーミッドソール&ビブラム#100でオールソールしました。底までガッチリ縫い合わせてあります。ここ最近この組み合わせのオールソールが急に増えてきました。

こちらはオリジナルの雰囲気に忠実なビブラム#4014でオールソールしました。

アルフレッドサージェントのプレーントゥをレザーソールでオールソールしました。ヒールはブロックヒールでソールのカラーはブラックです。

一見カラス仕上げのようですが、こちらはソールカラーになります。カラス仕上げはワックスとコテで底面を仕上げますので別料金になりますが、ソールカラーはオールソールの料金内になっています。

ジョンロブにトライアンフ#150を取り付けました。

ヘリングシューズにもトライアンフ#150を取り付けました。

先日入荷したビブラムの冬用ソールとヒールを取り付けました。国産の滑り止めに比べ、効きは劣りますがゴム質は柔らかく丈夫なのでオールシーズン活躍してくれます。

UGGのムートンブーツにセラミック配合のMOを貼りました。UGGのソールは北海道だと滑りますのでオススメです。

ルイヴィトンのブーツもMOのハーフソールとリフトで冬仕様にしました。

こちらのロングブーツもMOのハーフソールとリフトで雪道も安心です。

ビューティフルシューズのブーツには六角の滑り止めを貼りました。最近お店ではMOのほうが人気ですが六角も滑り止めとしての効果は高いです。

_________________________________________________________

前回は海外のビスポークシューズを紹介しましたが今回はたまに仕事を手伝ってくれたりして、このブログにもよく登場する元ドクターシューズで現在義肢装具の会社で靴を作っている川崎君の師匠である榎本さんが作った靴を紹介します。

榎本さんとは面識が無いのですが昔は注文靴の職人さんで現在は医療用整形靴を作っている製甲と底付け両方出来る職人さんです。

師匠にこの靴を作ってもらった川崎君曰く材料持ってきたら作ってやるとの事だったのでÂnonからもレザーソールやライニングの革、トップリフトを川崎君に売りつけました。提供しました!

手縫い靴を作るのは十数年ぶりとは思えない出し縫いのピッチの正確さ!

木型は当時の物だと思われショートノーズでとてもクラシック!

レザーソールはオークバーグのレイデンバッハ!昔ながらの手縫い靴を作る職人さんは高齢のためどんどん減っているのでこの靴はホント貴重です。今度僕の靴も作って欲しいので川崎君よろしくお願いします!

Share on Facebook