雪★雪★雪

とうとう札幌も雪が降りましたね。北海道の靴修理店が一番忙しい時期になりました。

僕が前にいた職場は道内でも有数の売り上げのある店だったので朝から晩まで冬用の滑り止めを延々と貼り続けてました。

Ânonでは基本僕が厳選した4種類で対応させていただいてますが、ご希望があれば他のも取り寄せますよ。

左から六角(黒)ピラミッド(茶)ピラミッド(ベージュ)MO(黒)になります。

滑りづらさでいくとセラミックの粉末が配合されているMOという滑り止めになります。

Ânonでも一番人気がありますが、今のところ黒色しか手に入りません。

このように靴の色や雰囲気でベージュやブラウンの滑り止めもお選びいただけます。薄い色の靴に真っ黒のソールを貼られて、、というお客様も多いので、

Ânonではお客様のご希望に添って選んでいきます。冬でも格好良く履きたいですもね!

●冬用ハーフソール

婦人 1,890円

紳士 2.100円

●冬用リフト

婦人 1,260円

紳士 2,100円

トレーディングポストのリッジウェイタイプのソールが欠けてしまったので

クレープソール(生ゴム)にオールソールしました。クレープソールも滑りにくいので冬もバンバンいけますね。

クレープソール オールソール 10,500円〜

ミッドソール交換(クレープソール)出し縫い 2,100円

Share on Facebook

エゾシカを巡る旅をした。

こんにちは。昨日のお休みは16日から24日まで行われているエゾシカを巡る旅に出ました。

以前にこのブログにも書きましたが、札幌を代表する4つの革工房にてエゾシカ革の製品を展示するイベントです。

まず家から一番近い24Kさんの作品を展示しているセレクトショップDonsさんに行き一気に北上してレザーサロンヒサシさんに行きました。

どちらもとても素晴らしい作品でした。なのに写真を撮り忘れるという失態。。せっかくカメラ持参で旅に出たのにガッカリですよ!

その後は家に車を置いてから残る2つの工房cagraさんと日下公司さんに行こうと思ったのですが雨脚が強くなったのでそのままcagraさんに

エゾシカ革の室内履きです。

妻が履いてみました。もの凄く楽で靴を履いてる感じが全くしないそうです。cagraさんで長話してしまい外も暗くなった頃に

最終目的地の日下公司さんに行きましたゴールです。写真を撮り忘れたんですが、日下公司さんのイメージに無いワイルドな鞄やリュックも素敵でした。

そしてスタンプラリーの最終地でもらえるプレゼントもこれまた素敵です。でもネタバレなので内緒にしておきますね。

ということで途中寄り道や長話でご迷惑をかけながら無事旅を終えることができました。エゾシカについて色々考えるきっかけになりましたし

なにより各工房の作品が物として素晴らしいので是非皆さんもエゾシカを巡る旅をして欲しいと思います!


修理の事も、新しい革の底材が入荷しましたのでお知らせです。

オイルレザーのソールです。足馴染みが良く通常のレザーソールより水にも強いのが特徴です。アメリカの靴によく使われているイメージですが、独特の風合いと色味なのでどんな靴にも合わせやすいと思います。

オイルレザー オールソール 12,600〜

レッドウイングのペコスブーツ、あまり見たことのないソールを

ビブラム148でダナー風にカスタムしました。

ビブラム148オールソール 8,400円

今までイタリア靴があまり来なかったのですが最近増えてきました。ステファノブランキーニにビブラムのハーフソールを貼りトップリフトを交換しました。

アッパーのコンディションも良くなかったのでシューケアのオーダーも頂きました。

シューケア 840円〜

Share on Facebook

休日

体育の日は旭川の食べマルシェに行ってきました。その前に天気が良かったので滝川で高速道路を降り地元の大好きスポット丸加高原に行きました。

景色が日本っぽくなくてどことなくヨーロッパっぽい?のが気に入ってます。初めて来たのは幼稚園のリンゴ狩りでそれ以来大好きなスポットです。

春は一面菜の花畑で黄色と新緑のコントラストがとても綺麗なので特にオススメですよ!

で、旭川に着いて食べマルシェと前から気になってた同業のお店に訪問したいと思ってたのですがお休みだったのでまた今度行こうと思います。

旭川の写真は駐車場にカメラを置き忘れて。。。食べマルシェはホントもの凄い人で活気に溢れてました。

色々食べましたがどれも美味しかったです。写真が無いのが悔やまれます。。札幌のオータムフェストなんかもそうですし

全道各地で色んな秋の味覚系イベントがある北海道の秋は素晴らしいと実感する休日でした。


休んでばかりで仕事してるのかと思われそうですが、修理もちゃんとやってます!納期も大丈夫ですのでよろしくお願いします。

ジョンロブにビンテージスチールを打ちました。やっぱりオーラがある靴だと再認識しました。

ビンテージスチール 3,675円

一見紳士靴のようですが婦人靴です。シューズデザイナー竹ヶ原敏之介氏が今年立ち上げたレディースラインBEAUTIFUL SHOESのブーツを冬底にしました。

とても細部まで作り込まれた素晴らしい靴です、もう1足は乗馬ブーツのようなロングブーツ、これも素晴らしい。でも写真が暗いですね。。

冬用ではないハーフソールもまだまだ来てます。来年の為にも今のうちやっておくといいですよ!

かかとの内側が擦れて破れたり穴が開いた場合はカウンターライニングの修理がオススメです、

内側から革を当ててトップラインで縫い合わせます。

カウンターライニング 1ヶ所 2,100円 左右 4,200円

Share on Facebook